コンセプト

私たちのカリキュラムの目標は子どもたちが熱意あふれる意欲的な学習者になることです。

大脳生理学の最新研究で、0~5歳までの幼児期に生涯にわたっての学習の基礎が固まることが確認されています。

生まれてから最初の5年間で脳細胞は猛然と連結されていきます。赤ちゃんが五感を使う度に、それぞれの細胞がつながり、このつながりによって、考えたり、感じたり、行動したり、学んだりするようになります。

科学者は「子どもが新しい情報を受け入れるのに最も適した時期がある」と言い、この時期を「機会の窓(Windows of Opportunity)」と呼んでいます。

Printed with permission from Diane Trister Dodge, Cate Heroman,“Building Your Baby’s Brain”
Copyright © Teaching Strategies and Learning Network. All Rights Reserved.

全米No.1の幼児教育プログラム

プレイグループたまプラーザ校は、外国人講師と一緒に過ごす英語環境の中で全米No.1の幼児教育プログラム「クリエイティブ・カリキュラム®」を実践し、生涯にわたって主体的に学習してゆく姿勢を育むことを目標としています。

また、幼児期にたっぷりと遊びの時間をかけることで育まれる、考える力、感情表現の豊かさ、自ら問題解決する力、タフネス、そして創造性を、子どもの発達段階に応じたプログラムと子どもの興味分野に基づく環境設定、ミュージック&ムーブメント、アート、ドラマチックプレイなどの楽しいアクティビティ(遊び)で、小さなお子様の成長をサポートします。

英語で幼児教育

What’s the Creative Curriculum?
全米No.1の幼児教育プログラム「クリエイティブ・カリキュラム®」とは?

米国ティーチング・ストラテジィズ社による「クリエイティブ・カリキュラム®」は、米国幼児教育界における最も質の高いカリキュラムとして広く普及しています。政府プロジェクトのヘッドスタート、米軍の教育部門、プリスクール、「キンダーケア」「ブライトホライゾンズ・ファミリーソリューション」等の民間のチャイルドケアセンターで、コア・カリキュラムとして適用され、高い評価を得ています。
Creative Curriculum

プログラムとサービスの特徴

1カリキュラムのゴール
子どもたちを、積極的かつ創造的に探求し、自分のアイディアを試して考えを明らかにするようなタイプに育てます。
子どもたちが自立し、自信をもった好奇心あふれる意欲的な学習者になるのを手助けします。
2子どもの興味分野に基づく環境設定(インタレストエリア)
子どもの興味分野に基づくアクティビティによって区分けされ、発達段階に適した豊富なマテリアル(玩具・教材)が整った環境をインタレストエリアと呼びます。
インタレストエリアには、子どもの自立心や意思決定能力を育み、遊びや人との積極的な関わりを促進する効果があります。
3子どもへの語りかけ(オープンエンディド・クェスチョン)
唯一絶対の正しい答えを求めないオープンエンディド・クェスチョンを行うことで、子どもたちはリスクを冒して何かを言ったり行ったりするようになり、やがてクリエイティブ(創造的)になっていきます。

アメリカのネットワーク

プレイグループは、幼児教育の専門会社ラーニングネットワークを通して、アメリカ幼児教育界と強いネットワークを結んでいます。

全米で最も高い支持を集めるティーチングノウハウ供給会社「ティーチング・ストラテジィズ」、全米300万人の子どもたちに親しまれる音楽教材供給会社「キンボ・エデュケーショナル」、チャイルドケアの人材育成機関CCS(チャイルドケア・ソリューション)などがプレイグループを支援しています。

http://www.learningnetwork.jp/

ラーニングネットワーク